top of page

肌の調子が悪い時に考えるべきこと①

スキンケアがなくてもスローエイジング・アンチエイジングができます。

40代で超敏感肌になり、高機能スキンケアが使えなくなってしまった私が見つけたアンチエイジング方法を伝えたい!

くすみ、たるみ、シワ、敏感・乾燥肌などでお悩みなら、京都市 北大路駅から徒歩8分 北山通 エステサロン さとう式リンパケア ハチミツ美容 インデイバ アオです。

初めての方は、プロフィールをご覧ください。私の敏感肌のこと、今に至るまでのことをお話しています。

私は、超敏感肌。

スキンケア、敏感肌用のスキンケアでさえ、使用できません。

それは、ある日突然でした。

仕事中に、肌が腫れ始めて、すぐに皮膚科へ駆け込み、パッチテストをしたという経験があります。






敏感肌には、いろいろなタイプがあります。

大人になってからの敏感肌は、花粉や黄砂などのアレルギーが肌に出るケース。

アトピーもあります。

これらの症状があるタイプについて、今回はお話します。

このケースについて、考えるときは、肌は臓器であることを思い出してほしいです。

肌は、排泄器官。バリア機能を持つ。ということ。

肌は、化粧品などを吸収する機能ではなく、排泄器官であること、これを忘れてはなりません。

そして、解毒は、穴からします。

便、尿、鼻水、目、そして皮膚から、いらないものを排出します。

肌が炎症を起こすということは、ごみを燃やして掃除していると考えられますね。

解毒の一種。

症状が出るとつらいですが、でも、身体は健やかさを保とうとして、一生懸命働いてくれている。という見方もできます。

そうなると、考えないといけないのが、花粉だけが悪いのか?

黄砂だけが悪いのか?

ということです。


閲覧数:0回0件のコメント

コメント


記事: Blog2_Post
bottom of page